MFTの願い
基本 > 運動能力を高める > 正しい姿勢を保つ

正しい姿勢を保つために…

疲れると姿勢が崩れる 疲れると姿勢が崩れる

小学生は、大人に比べたらまだまだ持久力がありません。

せっかく素晴らしいフォームで野球に取り組んでいる選手も、長時間練習をしていると、徐々に姿勢が崩れていきます。

そのまま練習を続けていると、姿勢の悪い状態での野球の動きを神経回路が学習してしまい、悪いクセとして定着してしまうかもしれません。

そうなる前に、練習を工夫する必要があります。

小学生の身体的特徴を踏まえたうえで、練習メニューを考える時は以下の点に注意すると良いでしょう。

1. 一つ一つのメニューを短時間にし、次々にメニューを変化させることで、
   飽きさせずに、集中力が持続するよう工夫する。

2. 柔軟性、敏捷性、バランス感覚が高まる運動を積極的に取り入れる。

3. 選手の姿勢に注目し、姿勢が崩れてきたら早めに休憩を取る。
   もしくは、練習を短時間で切り上げる。

4. 疲労の蓄積が、関節の硬化→フォームの崩れにつながるので、
   特に肩甲骨、股関節の柔軟性を高める運動を多く取り入れる。
ウォーミングアップの例 たくさんのメニューを短時間で…


小学生は、運動を通してどんどん神経回路を構築し、上手に運動するための土台が構築される大切な時期です。

その一方、体はまだ小さく、筋力もなく、持久力もありません。

小学生の特徴を考慮して、将来大きく成長できる土台作りをしてあげられるように、練習メニューを工夫しましょう。

人間の本来持つ足の機能を正しく使えるようになり、体全体のバランス感覚を修正できる商品!エアークッション入りで衝撃吸収性能が高いのが特徴です。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
スローイングセット
人気商品のお得なセット
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.