MFTの願い
成長 > 小学生で活躍しすぎると、プロの投手になれない?!

小学生で活躍しすぎるとプロの投手になれない?!

小学生の投手で大活躍している人必見!
 〜 将来後悔しないために 〜

プロの投手は、東大よりもはるかに狭き門で、選りすぐられたエリート中のエリートです。
ひとつの小学校から400〜500年に一人しかプロの投手として指名されません。

当然、小学生の頃からその才能はずば抜けていて、周囲の子と違って目立ち、みな大活躍していた、と多くの方が思っていることでしょう。

実際に大谷投手、藤浪投手など小学生から全国大会で活躍し続けてプロになった投手もいます。

しかし、プロの投手の中で小学生時代(もしくはリトルリーグなど)に全国大会に出るなど大活躍した選手は、全体の5%(注)程度しかいません。
(ちなみに、中学生で約2割が大きな大会で活躍、甲子園出場は4割弱(注)

もっと驚くことは、約3割(注)の投手は、小学生時代チームのエースとして投げていないのです。
400〜500年に一人の逸材にもかかわらず…

投手以外のポジションだった選手、約14%。
中学生から野球を始めた選手、約8%。
小学生時代控えの投手だった、約4%。(注)

(その他、転校等でチームが変わり、ほとんど野球をしていない選手など特殊な事情の選手もいます。)

一番長い期間プロで投げた山本昌広さんも、小、中学生の時は補欠だったと公言されています。

ずば抜けた才能に恵まれているはずのプロの投手が、必ずしも小学生から活躍しているわけではないのはどういうことなのでしょうか?

逆の観点で、小学生時代に大活躍した多くの選手が、プロになれないのはどのような理由があるのでしょうか?

選手一人一人によって様々な理由があるでしょうが、以下の2つの視点から考えてみたいと思います。

1.投げ過ぎによる損傷
2.力任せの投球で通用するため、技術、柔軟性がおろそかに

長くなりますので、続きは随時本ページにて追記していく予定です。

(注)上記の数値は、ここ数年比較的上位の4球団の登録選手を調査したデータで、プロの投手の約3分の1の中での割合です。
現在も調査中のため、今後若干はこの数字が変わる可能性があります。
また、所属するリーグによって、厳密に小学生・中学生と分けられない場合がありますので、あくまで目安として参考にしてください。

●参照ページ
小学生のひじには細心の注意を
成長期のトレーニング

● ソフトボール投手におすすめ
増淵まり子のピッチングメソッド完全制覇セット
増淵まり子のピッチングメソッド完全制覇セット
シドニーオリンピック銀メダリスト投手 増淵まり子が勝利のピッチングメソッドをすべて公開!
一度はピッチャーを断念しかけた彼女がオリンピック投手まで成長できたのはあるピッチングフォーム理論との出会いによるものでした。
その、彼女の運命を大きく変えたピッチングの全てを100%公開します!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
VDB
VDB
3球1セット 練習プログラム付
研究データを元に開発された球速アップのための練習ボール。
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.