MFTの願い
コンディション > 野球部員の熱中症 > ドリンクの選び方

大量に汗をかくときは、塩分補給も必要

● 体液が薄くならないように

体液が薄くならないように

少量の汗の場合は、塩分があまり失われないため、水やお茶による水分補給で十分なのですが、大量に汗をかく場合(体重の2%以上)は、水分と同時に塩分も不足します。

そのような時に水だけを飲んでいると、上の絵のように体液が薄くなり、これ以上体液を薄めないように、のどの渇きが止まってしまいます。
逆に体液を濃くしようと尿などで水分を出そうとして、ますます水分が不足することになります。

一方ナトリウム等の電解質が含まれているスポーツ飲料の場合は体液が薄くならないために、水に比べて多く飲むことができるのです。

前のページで、水とスポーツ飲料で水分摂取量に差が出ていたのはこのような理由のためだったのです。

熱中症を防ぐために「ナトリウム」がある程度の量含まれているドリンクを選ぶと良いでしょう。
40〜80mg/100ml程度のものを選ぶと良いでしょう。

糖の濃度が高すぎないように

補給水の糖濃度と水分吸収率

● 甘すぎると吸収が遅くなる

上のグラフのように、糖分の濃度が高いと水分の吸収が遅くなります。
2.5%(2.5g/100ml)の濃度が一番吸収が早くなっています。一般的には5%以下が適していると言われています。

※ 「糖濃度」は栄養成分表示100ml当たり
「炭水化物 4g」などの表記を参考にします。

市販のスポーツ飲料には糖濃度の高すぎるものも多いため、夏の水分補給には、水や氷で薄めるなどの工夫をすると良いでしょう。

このページのまとめ
暑い時の長時間の練習の場合、水分補給用のドリンクは、糖濃度(炭水化物)は低め(5g/100ml以下)、ナトリウム濃度は高め(40〜80mg/100ml程度)のものを選びましょう。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
スローイングセット
人気商品のお得なセット
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.