MFTの願い
投げる > コントロール > 根気さえあれば体に負担なく自然なコントロールが身につく練習法

根気があれば体に負担なく自然なコントロールが身につく練習法

軽く投げたり、近くに投げようとするとコントロールが不安定になる選手…
日によって、コントロールに不安がある選手…
前は自然に投げれたのに、今は不安を感じながらボールを投げる選手…
根本的に投げ方がわからなくなってしまった選手…

それぞれには理由があります。

このコーナーでは、その理由とともに、誰でも根気さえあれば、身体に負担をかけることなく、順を追ってコントロールが身につく練習方法を紹介します。

コントロールのいい選手と悪い選手の違い

軽く投げる姿
「ネットスロー」
片足で立った時に一瞬止めてバランスを確認する練習
プロの投手がウォーミングアップで軽く投げている姿は、シンプルで柔らかいです。
ゆっくり軽く投げていても、バランスが崩れないし、安定しています。

対して、コントロールに自信のない選手は、小手先でコントロールをつけようとして、腕の振りが複雑になったり、体全体の動きがかたくギクシャクしたフォームになる選手が多いです。
また、力をいれて遠くに投げるときは良くても、軽く投げる時はコントロールが定まらなくなる選手も多いです。

こうした違いに着目して、「自然な腕振り」「リリースのオートマチック化」「バランスと柔軟性」といった点を中心に今後の話を展開していきます。

まずは、難しいことや、細かい技術に取り組むのではなく、簡単にできる単純動作を繰り返すことから始めます。

歩くように何も考えない自然な腕振り

私たちは考え事をしていても、人と会話をしながらでも「歩く」ことができます。

「足をあげて、同時に手を出して」なんて動作を意識ながら歩こうとすると、逆に歩き方が不自然になりませんか?
バランス良く自然に投げる練習
私たちは会話しながらでも、普通に歩くことができます。
歩く動作を意識すると、ぎこちなくなる場合があります。
何も考えずに自然に歩けるのと同じ様に、
特に何も意識せず、自然に腕を振って大体狙ったところにボールがいく」ことを目指します。

キーワードは「重力にまかせ、何もせず真っすぐ腕を振り下ろすこと」です。

「それができたら苦労しないよ」
そんな風に感じている方が多くいらっしゃるでしょう。

でも、「無意識で自然な腕振り」獲得こそが全ての出発点になります。

速い球を投げようとか、コントロール良く投げようとか、前でボールをリリースしようとか、そんなことはとりあえず頭から取っ払ってください。

自然な腕振り」さえ獲得できたら、後からいくらでもどうにでもなります。

しかし、多くのコントロールに苦しむ人は、入り口の「自然な腕振り」をすっ飛ばして、いきなり難しい技術に取り組んでいるから、なかなか前に進めなくなるのです。

リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
スローイングセット
人気商品のお得なセット
フィンガーエース
腕の軌道を自然に修正できる画期的商品
MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.