MFTの願い
守る > 外野手 > 打球を追いかけるコツ

打球を追いかけるコツ

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年6月号)
外野手が打球を追いかける時の基本的なコツを紹介します。

グラブを出すタイミング

グラブを出すタイミング
打球を追いかけるときは、腕をしっかり振って走り、グラブは写真のように捕球する時に出すようにしましょう。
グラブを出すタイミング
グラブを早く出しすぎてしまうと、上体に余計な力が入りやすく、走るスピードが落ちる原因になりますので注意しましょう。

目線のブレを少なくする

目線のブレを少なくする
打球を追いかけるときに、左右にぶれたり、上下動が大きかったりすると、目線がぶれて落球しやすくなります。

できるだけ両肩を振らず、頭の動きが少なくなるように心がけながら、下の写真のように目線があまりぶれないバランスのいい走りを心がけましょう。
目線のブレを少なくする
ほぼ白いライン上を走りながらフライ捕球していますが、左右の体のブレが少ないことに着目してください。
ベルボール
狭い室内でも、密度の濃いバッティング練習を可能にするボール!
タフスライダー
ツイスト打法の練習に最適な商品のお得なセット。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.