MFTの願い
守る > 三塁手 > 素早いバント処理のコツ

素早いバント処理のコツ

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年2月号)
● 三塁線にふくらみ時間を短縮

バント処理の際に、二塁への送球までの時間を短縮することができる方法をお伝えします。

● 一直線に入ると方向転換が必要
一直線に打球に入ると方向転換必要

この写真では、打球に対して一直線に入っています。

しかし、打球を追ってきた方向と投げる方向が異なるため、捕球後は方向転換しながらのステップになります。

● 三塁側から回り込みながら捕球
送球を意識して、右から回り込む
送球を意識して、右から回り込む

一方、こちらの写真では、打球に対して三塁線よりに一度ふくらんで回り込みながら捕球しています。

こうすることで捕球後の切り返しが少なくなり、二塁送球のためのステップがしやすくなります。

回り込むことの利点

1.走者が進む1m分短縮

実際に今回撮影した二人の選手(※)は、1秒15コマで撮影したところ、ともに回り込んだ時の方が捕球してから2コマ早く送球できています。

これは、計算上で2/15秒、走者が約1m進む分を短縮したことになります。

※写真のモデル以外にもう一人撮影しています。

2.体重移動がしやすい

この写真は捕球後のステップの大きさを比較したものですが、明らか回り込んだ方が大きくなっています。

体重移動がしっかりできている分、より強い球を投げやすくなります。

モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
タフスライダー
ツイスト打法の練習に最適な商品のお得なセット。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.