MFTの願い
守る > 外野手 > 一歩目のコツ

スタート一歩目のコツ

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年5月号)
一歩目のスタートをほんの少し改善すると、打球を追いかけるのが非常にスムーズになります。今回はそんなコツを紹介します。

一歩目は低くスタートする気持ちで

一歩目は低くスタートする気持ちで
打球が自分の方へ飛んできた時に、「来た」という気持ちによって、自分では同じ高さを保ってスタートをしたつもりでも、体が浮いてしまうことがあります。
一歩目は沈むような感じでスタートする
一歩目は沈むような感じでスタートするようにしましょう。そうすることで、高さを保ちながらスムーズにスタートすることができます。

斜め後方の打球

斜め後方の打球の場合、落下地点までできるだけ最短距離を通るために、スタートの姿勢が重要になります。

ここでは右斜め後方の打球について説明します。

● 肩と足の向きを一致させる

肩と足の向きを一致させる
ポイントは、一歩目の踏み出す足(つま先)と右肩を両方とも落下地点の方向を向くようにすることです。

また、先ほどの説明のように、一歩目を沈むような感じでスタートすることも大切です。
【悪い例】

下の2枚の写真のように肩と足の向きが落下地点を向いていない場合、動こうとする方向への力が一致せず、バランスが崩れやすくなります。

結果的に素早い加速ができず、落下地点からずれた方向にスタートしてしまうということにつながってしまいます。
ステップする足だけを向けて、右肩が落下地点の方向を向いていない ステップする足だけを向けて、右肩が落下地点の方向を向いていない
右肩は向いていてもステップする方向がずれている 右肩は向いていてもステップする方向がずれている

真後ろの打球

真後ろの打球は、下の2枚の写真のどちらの向きでも良いですから、自分のその時の動きやすい方向を向いて追いかけましょう。この時も、踏み出す足と上半身は、落下地点の方向を向くようにしてください。
真後ろの打球
真後ろの打球
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.