MFTの願い
守る > 遊撃手 > バウンドが合わない時

バウンドが合わない時

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年3月号)
バウンドが合わなかったときの対策
打球のバウンドを合わせる事ができなくて、写真のようなハーフバウンドの捕球になってしまうと、横に大きくはじいてしまいがちです。

半歩引いて横で捕球(へそ重要)

半歩引いて捕球するおへそを捕球方向に向ける
バウンドが合わない難しい打球の時に、半歩引いて体の横で捕球すると、バウンドを合わせる範囲が広がり、球が見やすくなります。

ただし、この捕球の時でもへそが捕球方向をしっかり向いていることに着目してください。

守備の基本 (左右にずれたゴロ) 参照
いつもこのような形で捕球することはほめられた事ではありませんが、難しい打球への対応能力を増すということで、臨機応変に対応することも時には必要です。

ただし、どんなに体勢が崩れてもできるだけへそを捕球方向に向けて、体の中心で捕るという姿勢を大切にしてください。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.