MFTの願い
守る > 練習方法 > ソフトハンドドリル2

ソフトハンドドリル2

4.グランドボール(ゴロ)ドリル

ゴロはひざをまげて、中腰で捕球します。

このときに、ひざがつま先より前に出ないよう注意してください。

また、うしろに体重が掛かり過ぎないように、片足のかかと部分を紙一枚入るくらいに浮かせる感じにし、前後左右の動きにも対応できるようなフォームを心掛けてください。

肩幅よりやや広くスタンスをとり、手は体の中心の位置で捕球します。常にこのトライアングルのフォームを意識してください。

選手は、ソフトハンドを立てるようにし、へそへ向かって引くような感じて捕球します。頭と目は常にボールを見ておくことを心掛けます。

実際の練習は、以下のようなバリエーションで行ってください。

  1. コーチは軽くゴロで転がし、選手はボールを捕球後コーチに返球します。
  2. 同様の方法でゴロではなくバウンドボールにて行います。
  3. 小フライを上げ、捕球後に素早く送球を行います。
ここに注目
フライを取る時や、ランナーを追う場合を除いては、選手は必ず捕球後→送球が必要になります。

コーチと選手はこのドリルを行う場合は捕球→ボールを握る→送球というこの3つの動作を一連のものであると意識して行ってください。

ソフトハンドを利用しこのドリルを行うことによって、この3つの一連の動作の技術向上が期待できるでしょう。

5.スローローラードリル

緩いバウンドや緩いゴロを捕球し、できるだけ素早くトップの形を作る練習です。

捕球後の動作がスムーズになることで、捕球→送球の動作を速くすることができます。

慣れてきたら実際に送球してみましょう。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
身伸革命
成長期の栄養摂取で一生の身長が決まります。身伸革命はそんな小・中・高校生の成長のお手伝いをするサプリメントです。
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.