MFTの願い
守る > 練習方法 > 柔らかいグラブさばき2

柔らかいグラブさばき1

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2003年1月号)
前回は座った状態で、ワンバウンドのボールを柔らかい手の動きで捕球する練習を紹介しました。 今回はその応用編としてのいくつかの練習方法を紹介します。

ひざを送る

しゃがんだ状態でボールの方向にひざを送りながら捕球する
前回の練習同様、二人一組になり、相手の左右の手前でワンバンドする球を投げます。

捕球する側は、写真のように、しゃがんだ状態からボールの方向にひざを送りながら捕球します。

しゃがんだ状態でボールの方向にひざを送りながら捕球する
しゃがんだ状態でボールの方向にひざを送りながら捕球する
ボールは常に体の中心にあることが重要です。ひざを送ることによって、へそがボールの方向を向くことができます。
ひざの柔軟性と捕球時の重心移動の感覚をつかむことができます。

次のステップとして、グラブをつけて、上記同様の練習をしましょう。
さらに慣れてきたら捕球後にステップを入れてスローイングまで行なってください。
内野手の練習だけでなく、キャッチャーのワンバウンドの練習としても非常に効果のある練習方法です。
まとめ
アメリカでは、両ひざをついた状態で、ノックを受けるような練習もします。
そのような練習を繰り返すことで、難しいバウンドも難なくさばく柔らかいグラブの使い方を身につけていきます。
今回紹介した練習を参考に、皆さんも様々に工夫した練習を試してみてください。
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
身伸革命
成長期の栄養摂取で一生の身長が決まります。身伸革命はそんな小・中・高校生の成長のお手伝いをするサプリメントです。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.