MFTの願い
守る > 三塁手 > 前に出る打球2

前に出る打球2

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年1月号)
● 前に出るシングルキャッチの場合

プロ選手は、少しでも速く処理するために、両手でゴロ捕球する場合グラブを閉じずに、開いたまま捕球します。

しかし、シングルハンドで捕球する時だけはグラブを閉じる必要があります。

○捕球するまでしっかり開く(左)
×初めから閉じている(右)
● しっかり開いて捕球する

シングルハンドキャッチの場合、最終的にはグラブを閉じるのですが、球がグラブに入る瞬間までは、グラブをしっかり開いておくことで、捕球する確率を高くする必要があります。

ボールをつかみたいという気持ちから、閉じるのが早すぎる選手が多いのですが、しっかり開いて打球に備えるように意識しましょう。

○ しっかり立てる(左)
× 寝かせすぎ(右)
● しっかり立てて捕球する

グラブを開くことと同じ理由で、捕球面積を打球に対して少しでも広くするために、グラブはしっかり立てましょう。

※ 通常の打球を処理する場合は、無理に手首を立てようとせずに、手首の力を抜いて自然な角度で打球を待つようにします。「ゴロ捕球時のグラブの向き」をご参照ください。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.