MFTの願い
守る > 三塁手 > 送球のコツをつかむ練習

前に出る打球4   〜送球のコツをつかむ練習〜

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年1月号)
● 送球のコツをつかむ練習

前ページの練習で、少ないステップで送球するためには、体の使い方のコツが必要になることに触れました。

そういったコツをつかむために、前に走りながら捕球してすぐに投げる練習を紹介します。

1.右足でジャンプ


正面からの球を捕球して、走りながら正面に投げ返す練習です。
踏ん張るために、右足でジャンプしながら投げています。

2.左足を上げる


正面からの球を捕球後、左斜め前方に投げる練習です。踏ん張るために、左足を大きく上げて横から投げています。
小・中学生の段階でこうしたプレーを実戦で行うのは、ミスの確率が高くなるために、あまりおすすめできませんが、体の使い方のコツをつかむための練習としては、非常に効果があります。
身体能力を高める練習として試してみてください。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.