MFTの願い
打つ > 構え→トップ > タイミング1

タイミングのとり方

インパクトの瞬間(1/100s)
インパクトの1/100秒
(小学生のスイング)

この写真は、小学生のインパクトの瞬間と、その100分の1秒前の写真です。

100分の1秒というほんの一瞬の間に、バットはこれだけ進みます。

つまり、100分の数秒というわずかなタイミングのずれで、ジャストミートと空振りの明暗が分かれてしまうのです。

投手のボールを見極め、タイミングを合わせて力強いスイングをするためにはどうすればいいのでしょうか?

タイミングの取り方について、じっくり掘り下げて考えてみたいと思います。

まずは下の二つの映像を比較してご覧下さい。
注1 実際の約1/3のスロー再生しています。
注2 打つ瞬間、背景を明るくしてタイミングの違いをわかりやすくしています。

タイミングの違い

1. 普通に打ったところ

2. トップで一瞬ためてから打ったところ

1と2は、140キロと110キロのボールを打ったくらいの差になります。(再生スピード1/3の場合)

これは、プロ選手のスイングを元に作成した映像です。

上記では同じように始動しながら、速い球でも遅い球でも形が崩れずに同じように強いスイングができています。

このようなスイングができれば、多少緩急の差があっても、ギリギリまでボールを見極めて、自分のタイミングで力強くスイングすることができます。

そのためには、何に気をつければいいのでしょう?

少年野球に比較的多い打ち方

少年野球に多いスイング

これは少年野球に比較的多い打ち方です。

しかし、このような打ち方をすれば、どんなに上手なプロの選手でもタイミングを取るのは難しくなります。

いったいどこを直せばいいのでしょうか?

次のページで説明します。

モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
スローイングセット
人気商品のお得なセット
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.