MFTの願い
MFTサイト内キーワード検索
打つ > スイング > ひじの使い方, ヘッドを下げないために

バッティングのひじの使い方

後ろひじを直接おへそに持っていきます。
後ろひじをおへそへ

スイング始動の時の、後ろひじの使い方は直接おへそに向かって素早く持って来るように使います。

体の近くをひじが通ることにより、バットが遠回りせずポイントまで最短距離でボールを叩くことができます。

ここがポイント
上の右側の写真を見てください。スイングの最初にこの形を作ることができれば、そのあとは、バットのヘッドをボールの軌道に合わせて動かすことができ、ボールを線でとらえるということができます。

しかも、左腕の前腕部分とバットが90度に保たれており、力強い正確なスイングが可能です。この形がしっかりできるようになれば、強い打球が打てるようになり、しかもミートの確率が飛躍的に上がります。

ヘッドを下げないために

後ろの手のひらを真上に向ける 両手で作った間をバットを通す気持ちでスイングしてください。

後ろ側の手のひらを真上に向けるように意識をするとバットのヘッドが下がることを防ぐことができます。


ひじの使い方を習得する方法ひじの使い方を習得する方法

広くて平らなものを使うと、手のひらを真上に向けてバットを送り出すというイメージをつかむことができます。

ヘッドが下がったり、遠回りする選手に有効な矯正方法です。

● MFTのおすすめ
DVDでよくわかる!
もっとスゴい野球体操
(ベースボールマガジン社)
須田 和人(著), 比佐 仁(監修)

体を動かす時に、何となく全体が動いてしまうと、動きの精度は高まっていきません。 動きの中で基準となる支点を作ることができると、効率よく力を発揮できるようになります。野球に必要な力を発揮するためのノウハウが詰まっています。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
素振り用バット
自然に脇がしまり、強い打球を打つ技術が身につく商品!
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
Copyright (C) 2001-2020 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.