MFTの願い
MFTサイト内キーワード検索
打つ > 構え→トップ > バッティングの構え方のポイント1

バッティングの構え方1

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2007年4月号)
構えはしっかりしたトップを作るための準備
プロ野球選手でも、個性的な構え方をする選手は非常に多くいます。

軸が安定しているスイング
軸が安定している

トップが決まれば構え方は良い
トップが決まれば構え方は良い
しかし、どの選手もステップしたあとの「トップの形」は非常にしっかりしたものになっています。

トップ→スイングをしっかりした形にできるように、これからいくつかのポイントを説明していきます。

基本的には、スイングのときの軸が安定するように自然な形で構えることをお勧めします。

※ 実際には、ボールの高低に応じて軸の傾きは若干変化します。

構えの段階では体の軸が前や後ろに傾いていても、トップの形が決まっていれば全く問題ありません。

ステップする間に正しい姿勢にできるのであれば、どんな構えをしても良いのです。
軸が傾いた悪い例
後傾している悪い例
× 後傾している
前傾している悪い例
× 前傾している
しかし、上の写真のように構えのときの軸のずれがそのままトップの形の崩れにつながる場合はスイングが不安定になるため、注意が必要です。

このような選手は、「構え」から軸を真っすぐにすることをお勧めします。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
素振り用バット
自然に脇がしまり、強い打球を打つ技術が身につく商品!
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
Copyright (C) 2001-2020 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.