MFTの願い
MFTサイト内キーワード検索
打つ > 構え→トップ > テークバックの距離をとる1

テークバックの距離をとる2 (バッティング編)

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年8月号)
強くバットを振りぬくために、「割れ」の時の後ろに引いたバットの位置(テークバック)は、ある程度の距離をとる必要があります。
距離が取れているトップの形
距離が取れているトップの形
距離が取れていないトップの形
× 距離が取れていない
◆ 後ろ側の片手でバットを持ち、ステップをする
後ろ側の片手でバットを持ち、ステップをする

感覚をつかむために、写真のように後ろ側の片腕でバットを持ち、構えからステップしてトップの形を作ってみましょう。

両手でバットを持つよりも、比較的楽にテークバックの距離が取れると思います。

テークバックの距離を自然にとることができない選手は、その感覚をつかむための非常にいい練習になります。

腕の位置が近すぎ

写真のように腕の位置が近すぎると、この練習の意味がなくなります。

距離をとる練習であることを意識しましょう。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
素振り用バット
自然に脇がしまり、強い打球を打つ技術が身につく商品!
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
Copyright (C) 2001-2020 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.