MFTの願い
守る > 一塁手 > けん制時の構え

けん制時の構え

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年9月号)

○ ベースの前で構える

ベースの前に構える
けん制を待つ時は、写真のようにベースの前に構えましょう。
ベースの前に構える

投手からの送球が二塁側にそれても、写真のように走者と交錯することなく捕球することが可能です。

× ベースにまたがって構える

× ベースにまたがって構える
× ベースにまたがって構える
ベースにまたがって構えていると、少しでも二塁側にそれた場合にランナーと交錯して捕球しづらくなります。危険なので、注意しましょう。
タフスライダー
ツイスト打法の練習に最適な商品のお得なセット。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.