MFTの願い
守る > 一塁手 > 一塁走者をさけて送球する1

一塁走者をさけて送球する1

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年10月号)

一塁を踏んでからの送球

× ライン上で送球するとランナーと重なってしまう
× ライン上で送球するとランナーと重なってしまう
ベースを踏んだ後、そのまま一塁と二塁を結ぶライン上で送球すると走者と重なるため送球しづらくなります。
○ ランナーと重ならないように、ラインから外れて送球する
○ ランナーと重ならないように、ラインから外れて送球する
ベースを踏んだら後ろにステップして、ラインから外れるようにしましょう。走者を気にせずに送球することができます。
ベースを右足で踏むとステップが一歩多くなる(右投げの場合)
ベースを右足で踏むとステップが一歩多くなる(右投げの場合)

右投げの選手の場合、右足でベースを踏むとステップが一歩多くなり、その分送球が遅れてしまいます。左足で踏むと良いでしょう。

※ 左投げ選手にも走者との重なりをさける、ちょっとしたコツがあります。次のページで紹介します。

MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
タフスライダー
ツイスト打法の練習に最適な商品のお得なセット。
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.