MFTの願い
守る > 二塁手 > 二塁への送球4

二塁への送球4

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年12月号)

2. 高いゴロを素早くノーステップで二塁に投げる

高いゴロを素早くノーステップで二塁に投げる場合、左ひざを投げる方向にできるだけ早く向け、右足の付け根を中心軸として回転するのがポイント
高いバウンドのゴロを比較的高い姿勢で捕球して、ノーステップで素早く投げるためには、回転する軸の位置に気をつける必要があります。
両足の中心、もしくは後ろ寄りの軸で回転すると、投げる方向と逆側に上体が動きながら投げることになるために、力を入れづらくなります

捕球した時点で両足の中心、もしくは後ろ寄りの軸で回転すると、投げる方向と逆側に上体が動きながら投げることになるために、力を入れづらくなります。

高いゴロを素早くノーステップで二塁に投げる場合、左ひざを投げる方向にできるだけ早く向け、右足の付け根を中心軸として回転するのがポイント
ポイントは、左ひざを投げる方向にできるだけ早く向け、右足の付け根を中心軸として回転することです。

そうすることで、バランスを保ちながら力を入れてスムーズに投げることができるようになります。

また、左足のかかとを上げることでしっかり踏ん張って投げることが可能になります。

低いバウンドと高いバウンドの違い

下記の比較写真のように、バウンドの高さ(処理時の体の高さ)によって、力を入れやすい体の回転軸の位置が変わります。
低いバウンドは、前よりの軸で回転すると力を入れづらい 低いバウンドは、前よりの軸で回転すると力を入れづらい。
高いバウンドは後ろ寄りの軸で回転すると力を入れづらい 高いバウンドは後ろ寄りの軸で回転すると力を入れづらい。
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.