MFTの願い
守る > 素早く正確に > 守備のスタートを早くするコツ

守備のスタートを早くするコツ

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年3月号)

ずっと力を入れ続けているよりも、脱力してから力を入れるというように、 メリハリをつけることで瞬間的に大きな力を発揮しやすくなります。

守備でいいスタートをするためには、じっとしているのではなく、投手の動き に合わせて軽くジャンプするなど、このメリハリをタイミングよく取ることが ポイントとなります。

下記の例を参考にして、自分に合ったタイミングの取り方を身につけましょう。

上の写真は、投手のモーションに合わせて2,3歩歩いて軽くジャンプして打球に備えるタイミングの取り方です。
メジャー選手の多くはこのスタイルです。 日本でも一般的なタイミングの取り方です。

また、体を低くしていて、投手のモーションに合わせて軽くジャンプをして打球に備える選手もいます。

特に決まった形があるわけではないですから、自分に合った形をいろいろ試してみましょう。

両足が着地するタイミングは、打者のバットとボールが当たる瞬間よりほんの少し早めになります。


プロや社会人など、レベルの高い試合を見る機会があれば、投手のモーションのどのタイミングに野手が合わせているのかを、じっくり見てください。
内野のスタート例
外野のスタート例
MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
タフスライダー
ツイスト打法の練習に最適な商品のお得なセット。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.