MFTの願い
MFTサイト内キーワード検索
守る > 捕球の基本 > 捕球時の体の向き

捕球時の体の向き

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2007年5月号)
体の中心で捕球
● 正面のボールは体の中心で

正面で捕球できるボールは、体の中心で捕球しましょう。

体の中心から常にずらして捕球する悪い例
写真のように、体の中心から常にずらして捕球する選手を時々見受けます。

野球を始めたばかりのときにはボールを怖がるためにこのような捕球をする子が多いのですが、そのままくせとして定着してしまわないように注意してください。

左右にそれたボールを捕球する場合

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2004年11月号)
● おへそを捕球方向へ向ける
おへそを捕球方向へ向ける

左右にそれたボールを捕る場合、写真のように体を捕球する方向に向け、捕球時には常におへそがグラブの方向を向いているようにしましょう。

× 捕球方向に身体を向けていない
× 捕球方向に身体を向けていない
このように体を捕球方向に動かさずに、手だけで捕球をすると、ボールを最後までじっくり見ることが難しく、捕りそこなう確率が高くなります。

ボールを大切に捕球しようという気持ち
が自然に体を捕球方向に向かせます。

ていねいに捕球するという意識を常に持つようにしましょう。
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
素振り用バット
自然に脇がしまり、強い打球を打つ技術が身につく商品!
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
Copyright (C) 2001-2020 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.