MFTの願い
MFTサイト内キーワード検索
守る > 捕球の基本 > ゴロ捕球時のグラブの向き

ゴロ捕球時のグラブの向き

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2004年11月号)
一般的に捕球する際にグラブの向きは、ボールに対して正対させることが基本です。
しかし、ゴロを捕球する場合は難しいバウンドで捕らざるを得ない時や、不規則に変化する時もあり、捕球する側の腕の力を抜いておく方が、打球に対応しやすくなります。
手首の力を抜いた自然な角度

● 手首の力を抜いた自然な角度

両手でゴロ捕球する場合、手首の力を抜いて、写真のように自然な形で捕球しましょう。


ボールに完全に正対

● ボールに完全に正対

前進して、シングルキャッチをする場合は、この形が一番確実に捕球できます。

ただし、両手でゴロを捕球する場合、この形では腕に力が入りやすく、柔軟な動きが難しくなりますので、必ずしもこのように無理に立てようとする必要はありません
グラブが寝ている

● グラブが寝ている

グラブが寝てしまうと捕球面が打球に対して小さくなり、捕球が非常に難しくなります。また、無駄な力が入りやすいため、柔軟な動きも難しくなります。

ゴロ捕球の際は、手首の力を抜いて自然な角度で捕球しましょう。

リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
素振り用バット
自然に脇がしまり、強い打球を打つ技術が身につく商品!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2020 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.