MFTの願い
守る > 捕球の基本 > 添える手の形

添える手の形

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2004年11月号)
ボールに触れる瞬間まで指先を開く
● ボールに触れる瞬間まで開く

ボールを捕球する際に、添える手は、写真のように、指先を軽く開いてください。

グラブと添える手でボールを挟み込むようにして、ボールに手が触れてから指を曲げてボールを握ります

そうすることで、指先を突き指することも防げますし、確実にボールを握ることができます。

× 指先が閉じている

× 指先が閉じている

写真のように、ボールを握ろうという意識のために最初から指先を閉じていると、右手とボールの位置関係がほんの少しでもずれていると、ボールを握りそこなってしまいます。

場合によっては、突き指などケガをする原因にもなります。

確実に、そして素早くボールを持ち替えるためにも、指先を軽く開くようにしましょう。

わしづかみでもいいの?
上の2枚の写真の3コマ目のボールの握り方が、わしづかみになっていますが、この練習の目的は、素早く確実にボールを握る練習ですから、ボールをつかんだ瞬間はこの握り方で問題はありません。
実際のプレーでは、このあと腕をトップに持っていくまでの間に握り方を変えて、スローイングの時に、正しい握り方をしていればいいのです。
(高度な技術を持ったプロ選手の中には、ボールに触れる瞬間まで指を開いていて、握るときには、すでに正しい握り方ができている選手もいます。しかし、どちらの方法でも時間は変わりませんので、確実にできる自分のやりやすい方法で練習しましょう。)
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
タフスライダー
ツイスト打法の練習に最適な商品のお得なセット。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.