親の期待は厄介・・

IMG_1452

期待に応えることのできる子

期待がプレッシャーになり
親の思うとおりにできない子

期待されても何も感じない子

子どもの性格は十人十色です。

持って生まれたものと言ってしまえば
話は終わってしまいますが

環境によって「持って生まれたもの」が
伸びる子どももいれば、逆のケースも存在します。

長く子どもたちに接していると
親のタイプによって成長の度合いに「差」が
出ているように思えてなりません。

厄介なのは「親の過度な期待」です。

いつも口うるさい
いつも指示ばかり
いつも怒ってばかり
いつもイライラしている

子どもが変わらないのは
親が変わらないから・・

そこに着地点を見い出せれば
大人が日々の行動や子どもに投げた言葉に
気がつくことができ、その回数が少しずつ減少し
良い方向に向かっていけるのではないでしょうか?

「なぜできないの!」

この言葉は慎みたいものです。

コメントをどうぞ