2018年1月 のアーカイブ

現役プロ選手からのメッセージ

2018年1月14日 日曜日

IMG_1220

今日は大阪・堺市で開催された
境ビッグボーイズ小学部の
「チーム・アグレシーボ体験会」を
見学させていただきました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180114-00080450/

横浜・筒香選手からのメッセージです。
25歳の若者が発する言葉に
野球を愛する思いがギッシリ詰まっています。

これでも勝利至上主義を捨てきれませんか?
グランドで怒鳴り声を発しますか?
子どもたちの可能性を奪いますか?

指導のほとんどが「おしつけ」の現状

2018年1月8日 月曜日

IMG_0542

大人の指示ばかりがグランドに響き渡る環境が
日本の野球スタイルです。

その多くのチームが、指示が先行し過ぎてしまい
子どもが「主役」であるべき環境が
そこには存在しません。

しかも「指導」ではなく
「指摘」ばかり・・・

子どもの感覚や感性も育たず
考える力や行動力、そしてコミュニケーション能力を
磨くことも出来なくなってしまいます。

 

子どもに対して
大人が感情のコントロールを失う時、

「言うことを聞かない」

この一点に集約されます。

誰しもが言うことを無視されたり
行動に移さないと腹が立つのは事実です。

本当にやる気がなく
聞く耳を持たない子どもも存在します。

しかし、その一方で
しっかりとした、自分の考えを持っている
タイプの子どもがいることも
認める必要があります。

指導者にはふたつのタイプが存在します。

「出る杭を打つ」

「出る杭を伸ばす」

前者は、選手の失敗に対し
失敗という事実だけで反応してしまい

後者は、選手の失敗に対し
「どのように考えたのか」を聞き出し
その「根拠」が間違っていなければ
認めてあげることができ

その「根拠」以外にも
「選択肢」を広げることのできるような
言葉を用いて指導します。

昭和は「つべこべ言わずに」と言う時代でしたが
今は違います。
平成も間もなく終わりを告げようとしています。

しつけ(躾)のつもりが
丁寧になりすぎると
そこに「お」の文字が加わり
「おしつけ」になっている日本の野球!

主役の子どもの
「心がなぜ動かないのか?」

そこに矢印を大人が向けさえすれば
気づき、そして答えが見えてくるかもしれません。

指導を勉強されている方も多いですし
野球に対する情熱を持っている方も多いのが
日本の野球の特徴です。

その方向性が「おしつけ」にならなければ
更に日本の野球は「進化」するのではないでしょうか?

成人式

2018年1月7日 日曜日

日本各地で成人式が執り行われました。
埼玉県鴻巣市は1,151人が
成人となりました。

「子どもが二十歳」
という意味合いは

子どものおかげで
「親二十歳」という意味でもあります。

子は親に対して、年相応の「少しの感謝」を
親は子に対して、「存在に感謝」を
その心があれば

荒れる事なく、厳粛な雰囲気の中で
成人式が執り行われるはずです。

たくさんのスクール卒業生も
成人となりました。

人の役に立つ人間を目指し
活躍を期待しています。

おめでとうございます。

一年に一度の大切な会

2018年1月6日 土曜日

IMG_1154
東北高校同期のプロOBの3人
※左から安部理(元西武) 私 中条喜伸(元巨人)

 

 

今日は恩師を囲んでの「竹友会」が
品川プリンスホテルで開催されました。

多くのプロ野球現役選手
プロ野球OB
東北高校卒業生
仙台育英高校卒業生
國學院大學卒業生
そして多くの関係者が集まり

恩師の喜寿を祝い、親交を深めました。

一年に一度の再会は
本当に懐かしく、また大きな喜びです。

改めて恩師の存在に感謝!
多くの仲間に感謝!
野球に感謝です!

IMG_1153

地震速報・・

2018年1月5日 金曜日

午前11時過ぎ
携帯電話から異様な警報音!

慌てて見ると

「大きな地震に備えてください」
「最大震度5強」

とのことでした。
身構えていると

「・・・・」

「????」

ほとんど揺れませんでした。

恐らくこの後
「何だよ!揺れないじゃないかぁ!」
「驚かすなよ!」

と言ったクレームの声が
あちらこちらから聞こえてくるはずです。

世の中には「外れて良かった」ことも存在します。
そこに目くじらを立てるよりも
外れたことに安堵感でいっぱいです。

揺れなくて良かった・・^^;

IMG_1076