2016年5月15日 のアーカイブ

第9回研究会・5月29日(土)

2016年5月15日 日曜日

第9回研究会のお知らせです。

3月には「ドミニカ共和国」の野球を学びました。
今回の研究会は、3月末にアメリカ・フロリダにて
少年野球の現場を視察してきた研究所・青年部の
高橋昂佑(たかはしこうすけ)さんの報告会を兼ねた
「アメリカ野球から学ぶ」研究会を開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

◇日 時◇
平成28年5月28日(土)
18時30分~20時30分まで

◇テーマ◇
「アメリカ野球から学ぶ」

◇場 所◇
熊谷市立石原小学校
2階会議室
埼玉県熊谷市石原3-1-1

◇参加資格◇
NPO法人日本少年野球研究所平成28年度正会員(年会費1万円)であること
または平成28年度準会員(年会費3千円)であること
入会は随時募集しています
※室内履き(サンダル可)が必要です。

◇問合せ/申込み◇
jbbl@mft.jpまで

心に寄り添った指導

2016年5月15日 日曜日

IMG_1810

中学校部活動を指導されている先生から
嬉しい報告があったので紹介させていただきます。

中学生の部活動指導に対して疑問を感じている中、
部活動を「授業の一環」と捉えることのできる
素晴らしい教育者の存在を知り、
子どもたちの心に寄り添った指導の大切さを痛感しました。

////////////////////

前の試合で自信を喪失してしまったエースの投手。
弱気になってしまい大切な試合から逃げ出したい気持ちで
いっぱいになってしまいました。

先生が試合当日の朝

「今日の試合どうだ?」

と聞くと、やはり表情は暗く
「肩に違和感があり、投げて見ないとわからない」
という答えでした。

ブルペンで様子を見たところ
ストレートは走っています。
肩の違和感は精神的なものと判断できました。

そこで先生は

「今日は大好きな野球なんだから、
苦しむためにするんじゃなくて、楽しむためにやろう。
もし試合に出るなら自分の得意なポジションでやった方が良いから
マウンドに上がって見るかい?
その代わり約束を2つ守って欲しい。」
と生徒に伝えました。

一つは、マウンドでは笑顔で!
もう一つは、ストライクを取りに行って
2つボールが続いたり、スリーボールになったら
後ろを向いて仲間に声をかけること!

みんなで野球をやろうとアドバイスをしました。
すると投げてみるといったのです。

キャッチャーには全部真ん中低めに構えるよう指示しました。
立ち上がりがはボールが先行し、ラ
ンナー二人をだしましたが、守備にも助けられ
0点におさえました。

その後も彼は2つ約束を守りながら投球を続け
結果県の上位チームを完封してしまいました。

試合後に生徒は

「楽しかったです!」
「次も投げたいです!」

という言葉を彼の方から言ってきたので
先生もびっくりしたそうです。

先生曰く

「子供達の力はすごいですね。
日々私は子供達から野球を教えられています」